社内に散らばるデータを無駄にしない データで売上を本気で伸ばす

Salesforceと連携できるABMツールとは?

ABMツール導入企業(一部)

「ABM」とは?
“仮説”から“事実”ベースへ

近年注目を集める「ABM」という言葉をご存知ですか?
アカウントベースドマーケティングの頭文字をとった略称で、一言で言うならば、「狙って獲る」マーケティング手法です。

ITの波及、取得データのバリエーションが進化した現代において、
事業の最前線である「マーケティング活動」は 大きく変化しています。

仮説ターゲットをイメージし、媒体を選んだり、営業トークを考えたり、
マーケティングメッセージを工夫し、商談の中で答え合わせをしていくのがこれまでの活動でした。

しかしこれからは、これまでの活動で得られた事実データをもとに顧客となりうる企業を先に特定し、
あらかじめマーケティングメッセージを固め、適切なタイミングを見計らってコミュニケーションし、 受注の角度を上げていく。
そのような手法が注目されています。

さらにそこで得たデータをもとに精度を高め拡張していくという好循環を作りだし、
見込みの高い顧客へのアプローチを可能とします。 地引網漁ではなく銛で突く、といえばイメージしやすいでしょうか。

こんなことありませんか?

  • リードはあるけど案件化率が悪い……
  • データドリブンと言っておきながら、顧客データ・ツールが分散していて活用できていない
  • 注力すべき新規開拓先を特定するのに必要な情報が揃わない

これらの非効率をABMで解消できます

見込度の高い顧客をまるで探知機のように発見し、効率の良い営業活動を実現するABM。
インバウンドマーケティングに頼りきりで、リードがなかなか商談に繋がらなかったり、
リストに対して満遍なくアウトバウンドをかけ、アポにすらならなかったり……
そのような非効率を解消できるのが大きな強みです。

資料を無料でダウンロードする

ABMツール「uSonar」資料

※uSonarの価格については、弊社営業までお気軽にお問合せください。

貴社状況についてご回答ください

※当フォームは法人のお客様を対象とした内容となります。個人のお問い合わせ、およびフリーメールアドレスでのお問い合わせはお避けくださいますようお願いします。

ABM実施の流れ

ABMを実行フローは実はシンプル。収益性が高いと思われる顧客を特定し、その顧客に最適化されたコミュニケーションを行う。
それを繰り返す、だけです。ターゲットを特定しているので、その顧客がどこにいて、どんな課題を抱えていて、
何を求めているのかを徹底的に調べ、提案の精度を高めることで営業効率・収益率を高めていくのです。

そう、実はこれまでの営業活動と何ら変わりはありません。
ではなぜ改めて注目されているのか。その背景には、近年のテクノロジーの変化とデータが関係しています。

ABM×データで会いたい顧客に会える

SFAやCRM、MAといったツールの進化とデータの活用がABMをさらに進化させました。
外部のデータベースを照合して顧客を特定したり、受注企業と類似するリストを抽出したり、
その企業がWebサイトに訪れた時点でアラートを出したり、未開拓領域を可視化したり……
これまでであれば膨大な時間を要したであろう分析・マーケティング・営業業務の生産性を一気に高めることができるのです。

案件化率を高める

リードの中でも
良いものだけを抽出します

未開拓企業を判別!

顧客取引データを統合管理し、
マーケティングに活用します

匿名ユーザーも見える化!

外部データベースで必要な情報を補完することで、匿名ユーザー(アノニマス)も見える化します

営業・マーケティング・データ管理や企業の営業活動を圧倒的に楽にします。

大事なのは「データマネジメント」
社内のデータを統合管理することが成功の秘訣です

820万件の法人データを持つ
「uSonar」とは?

自社で保有していない新規ターゲット、アプローチ先を
日本最大の820万件の法人データの中から取得できる!

国内拠点網羅率99.7%の日本最大の法人マスターデータを保有。
「日本に存在する全ての企業の情報を整理する」という思想のもと、構築されています。
民間企業以外のデータも含め、漏れなくダブリなく構築されたデータベースです。

顧客DBを高精度に
データクレンジング・名寄せ

日本最大のデータベースを維持してきた名寄せ・クレンジング技術で、データメンテナンスが自動で行えるようになります

データ統合により
包括的な顧客理解

SFAやMA内の情報に加えて、WEBサイト来訪や名刺情報なども含めた包括的な顧客理解が可能です

各種マーケティング
ツールとの連携

各種SFAやMA、Web接客ツールとの連携で、簡単に1to1のマーケティング施策が実施可能。もちろんシームレスに正確な企業情報を取り込むこともできます

連携できるSFA・MA、名刺管理システム、BIツール(一部)

ABM実現ツール「uSonar」
データ活用の詳細資料ダウンロードはこちら!

こんなお悩みありませんか?

新規開拓先リストをつくるのに時間と手間がかかる

⇨ 「uSonar」なら、見込度の高い顧客リストを自動で抽出

SFAへのデータ入力が面倒。入力者によって表記方法が異なる

⇨ 「uSonar」なら、正しいデータを自動参照し常に最新を維持

注力すべき新規開拓先を特定するのに必要な情報が揃わない

⇨ 「uSonar」なら、820万件のマスタデータで不足情報もしっかり補完

「リードはあるけど案件化率が悪い…」
「データドリブンと言っておきながら、顧客データ・ツールが分散していて活用できていない」
「注力すべき新規開拓先を特定するのに必要な情報が揃わない」

uSonarはそんな課題を解決し、ABMを実現するデータ統合ツール。
顧客データを日本最大の法人データで自動整備することで、
効率的なABM、百発百中のマーケティングを実現します。

ABM実現ツール「uSonar」
データ活用の詳細資料ダウンロードはこちら!